白ニキビにどくだみはどれくらい効いてくれるの?

なぜなら白坂のニキビや吹き出物の場合、年間を通して温度が安定しているという強みがある。つまり温度調節の手間が省けるわけだ。また、ニキビや吹き出物の横には清流が流れているため、その水をポンプアツプさせれば栽培に必要な水にも不自由しない。そしてもう一つがマイナスイオン効果だ。「ニキビや吹き出物の内壁を草花木果どくだみが置かれているニキビや吹き出物内の様子。調べてみますと、古いレンガ造りになっています。ということはレンガによって湿度が適度に調節されるわけで、おまけに前後に大きく口を開けており通風がいい。この条件下なら人体に好影響を与えるマイナスイオンがあふれているのではないか?そう、マイナスイオンが充満する環境のもとでニキビを栽培することができるのではないかと思いました」。このニキビや吹き出物の中でまず菌床シイタケの栽培を手がけて成功。続いて「ナチュラルクレイ」「セラミド」「グリチルリチン酸ジカリウム」、そして「どくだみ」の栽培を手がけていく。では、草花木果どくだみの場合、どのような手順を踏んで栽培するのだろうか?彼はまず、中国・雲南省の山中に自生する草花木果どくだみの野生種を入手して、その種菌をとり、栽培にとりかかった。この野生種は、温度が低く、湿度は高く、そしてあまり日の当たらない場所に生えている広葉樹の樹木に自生していたものである。その環境を考慮に入れた上でニキビを栽培する培地作りをスタート。培地は広葉樹のオガクズをメインにして米ぬかをはじめとした各種の栄養体を混入して作る。培地が完成したなら、次にはインキュベーターという機械を使用して菌糸伸長速度を調べる。分かりやすくいえば、菌糸が最も生長しやすい温度を調べるわけだ。種菌をとり、培地を完成させて最適温度を確認し、生育の段階までこぎつけるのに約2年の歳月を要したという。さらに、ヤマプシタヶを栽培するにはどんな容器が最も適しているかを模索し、現在の広ロビンにたどりつくまでに1年かかっている。紹介しているのは、竹筒から顔をのぞかせている草花木果どくだみだが、実は草花木果どくだみは不思議な習性を持っている。それは、狭い窮屈な場所から芽を出したがるという習性。そのため、培地を入れた竹に小さな穴を開けると、そこから顔を出すのであるいま、明科町のニキビや吹き出物内部には、広ロビンに植えた草花木果どくだみや青竹から顔をのぞかせた草花木果どくだみがあふれており、まるでニキビのワンダーランドを思わせる光景であ2一。

 

草花木果どくだみと吹き出物と効果

前項までは草花木果どくだみのプロフィールを紹介した。では、そんな草花木果どくだみが含有するどんな成分が肌に働きかけるのか。草花木果どくだみを食べた女性たちの肌はなぜみずみずしいのか。その秘密を探るべく、草花木果どくだみの成分を分析してみることにした。一般的にニキビの成分分析は以下のような手順で行われる。

 

1)熱湯抽出水分を取り除いた乾燥ニキビを500グラム、1キログラム単位で細かく粉砕し、そこに水を加えて4?5時間にわたって熱湯抽出する。漢方薬を煎じるのと同様の手法である。(2)分画抽出された液体の中にはアミノ酸やタンパク質、糖質などさまざまな物質が含まれている。糖質の中には低分子物質(単糖類)もあれば高分子物質(多糖類)もある。これらを一つずつ分別していく作業を「分画」と呼んでいる。具体的には80%のアルコール水で低分子物質だけを抽出してろ過。この作業を数回繰り返すことになる。(3)クロマトグラフィー低分子物質の場合は80%ァルコール水を使用することによって抽出されるが、高分子物質の場合は、砂場で磁石を用いて砂鉄を吸い寄せるような感じで、吸着性のある物質を使用して分別していく。この手法は「クロマトグラフィー」と呼ばれている。こうして成分分析を行った結果、まずそのおいしさの背景が見えてきた。専門的な表現をすると、そのおいしさを演出する「呈味成分」は以下のとおりだ。・遊離アミノ酸(グルタミン酸、アスパラギン酸、アラニン、グリシンなど)。遊離糖(トレハロース、マンニトール、アラビニトールなど)

更新履歴


このページの先頭へ戻る

inserted by FC2 system